あさのパートナーズ株式会社│あさの会計

診療所の経営支援なら 大阪・豊中市の税理士事務所

診療所_その他

在宅療養支援診療所、豊中市の状況について

こんにちは、豊中の税理士・行政書士・医療経営士の浅野です。
お仕事の参考資料としてよく見る日本医師会のJMAP(地域医療情報システム)
自分が住んでいる場所のデータももちろん見ることができます。
2018年のデータの中から豊中市の在宅療養支援診療所だけピックアップしてみました。

  診療所数 10万人当り豊中市 10万人当り全国
在宅療養支援診療所1

3

0.76 0.14
在宅療養支援診療所2 17 4.3 2.20
在宅療養支援診療所3 53 13.4 8.20
在宅療養支援診療所合計 73 18.46 10.54

地域医療システム(日本医師会)より作成


在宅療養支援診療所について軽く。

在宅療養支援診療所は、在宅医療の担い手として、地域包括ケアシステムの中でも重要な位置をしめ、
主に次の4つの機能を求められています。

  • 退院支援
  • 日常の療養支援
  • 急変時の対応
  • 看取り

負担が重いという事で中々積極的に取り組んでいこうという診療所(クリニック)さんも数多くはありませんが、
患者様目線では豊中市は割と充実していると言えるのではないでしょうか。

一方で診療所経営目線で言いますと、競合が多いとも言えますが、
豊中市での医療需要は今後も緩やかに右肩上がりですので、後は経営手腕次第となりますね。

日本医師会JMAPより。赤=介護需要豊中市、オレンジ=介護需要全国、青=医療需要豊中市、水色=医療需要全国

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください