あさのパートナーズ株式会社│あさの会計

診療所の経営支援なら 大阪・豊中市の税理士事務所

一般事業所の経営支援

街の中小企業でも役員賞与を損金にするたった一つの方法

中小企業でもあるんです。
「事前確定届出給与」というものが。

事前に税務署に届出を出しておけば経費になります。
ただし、決算間際に利益出たから賞与出して会社の利益を低くしたいなあ、
という訳にはいかない制度設計に成っています。

一方で、「とりあえず届出を出しておいて、業績悪かったら支給しない、というのはどう?」という質問をいただいたのですが、業績悪化した場合には変更届必要。で、資金繰りが窮するような場合。大概はそこまでの悪化じゃないので、ダメ。

だけど、そもそも支給しなかったら、税務署に否認される部分ない(経費はないのであかんとも言えない)じゃない?というところなのですが、、、、
これは色々な見解があるのですが、確定しているという建前なので、仕訳でいうと、

役員賞与/未払金

は確定している、とも考えられます。
その上で「賞与いらないよ」と意思表示すると  

未払金/債務免除

と考えうるのかな、と。
そうすると、役員賞与は否認、債務免除益は利益計上になる、、、
これはイヤですよね(笑)
(この部分、判断は分かれますので活用される場合は顧問税理士さんに確認を!)

利益操作と思われがちなので、支給停止はオススメできないのですが、賞与を出したいなあ、という場合はご活用を。
(ちなみに、社会保険料の削減にもつながります(年金もらえるのは少なくなる)。)

 

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください